「GPS」タグアーカイブ

地図のオープンデータ「OpenStreetMap」

地図を使ったサービスを考える場合はGoogle Mapを使用しますが、
「$200 usage every month for no charge. That’s 28,500 maploads per month for no charge. 」
(https://mapsplatform.google.com/pricing/?hl=ja)
とあり、有名サイトになった場合には、有料になります。

そこで地図のオープンデータの使用を考えてみよう・・・・
OpenStreetMap(OSM)は、誰でも自由に地図を使えるよう、みんなでオープンデータの地理情報を作るプロジェクトです。
https://openstreetmap.jp
「OpenStreetMapとその協力者をクレジットすれば、データを自由にコピー、配布、送信、利用することができます。変更したり翻案したりしたデータは同じライセンスに従う場合のみ、提供することができます。」

Googleマップのようにマーカーを付けることが可能。
https://www.openstreetmap.org/?mlat=緯度&mlon=経度

弊社の位置だと、こちら。
https://www.openstreetmap.org/?mlat=35.70010&mlon=139.77402

ZOOMしたい場合は、URLに#map=ズームの数/緯度/経度を追加。
https://www.openstreetmap.org/?mlat=35.70010&mlon=139.77402#map=17/35.70010/139.77402

埋め込みも可能。

大きな地図を表示

公開されているGPSトラッキングが見えるので、精度の悪いGPS端末があるとズレることはあるが参考値としてはよいと思う。

弊社秋葉原駅付近のトラッキングデータ。

“Base map and data from OpenStreetMap and OpenStreetMap Foundation”

GPSを使って山手線一周を試してみた

こんにちは、北神です。

今回は「GPS/GLONASS受信機u‐blox M8搭載」を使ってGPSの性能がどの程度かの確認を行いました。

確認を行なった方法は、ノートPCにu‐blox M8を接続しGPSのデータを記録し続けます。簡易的なロガーのような機能です。

この状態で、山手線を一周し、どの程度線路に沿ったデータが取れるかの確認を行いました。

結果はこちら。

GPSで受信したNMEAと呼ばれるメッセージを解析し、緯度と経度をGoogleMapsに反映を行いました。

ドットが細かすぎて潰れた図になっていますが、地図を拡大するとこのように綺麗に線路に沿ったデータが取得できます。

また、GoogleMapsには地図を航空写真に変える機能があり、

こういった地図を見た際に「あれ、山手線ってどこ走っていたっけ?」といった疑問を

こう、実際に乗って見て確認することができました。

今回試したかったGPSの性能としては、そこそこ実用レベルであり、他の分野でも利用することが可能かと思われます。ただ、何箇所かGPSの情報が取得できなかった箇所もあり、アンテナの設置位置や補正方法等の検討は必要そうです。

今回はノートPCをロガーの代わりに試して見ましたが、RaspberryPiやその他の機器に接続して持ち運びが出来た際は、もっと色々な使い方が出てくるんじゃないかと思った次第です。

では。

株式会社アバンドでは、IoTに関するネットワーク開発、ハードウエア開発を行っております。

GPSやセンサー、通信に関わる案件お待ちしております。

まずは、お気軽にお問い合わせください。