「Arduino」タグアーカイブ

ESP32(Arduino)でタイマー割り込みを使う方法

ESP32(Arduino)でタイマー割り込みが使いたい!定時実行やセンサの状態取得等、一定時間が経過した際に実行させたい場合にタイマー割り込みを使いますが、
そんなタイマー割り込みをArduinoで使う方法をまとめました。

こんにちは、北神です。
ESP32(Arduino)でタイマーが使いたかったので試してみました。
以下のソースを貼り付けるだけで、タイマー割り込みが使用できます。

//===========================================================//
// Timer Interrupt
//===========================================================//
hw_timer_t *timer1 = NULL;
portMUX_TYPE timerMux = portMUX_INITIALIZER_UNLOCKED;

void IRAM_ATTR onTimer1()
{
portENTER_CRITICAL_ISR(&timerMux);
// 実行させたい関数をここに記載
example();
portEXIT_CRITICAL_ISR(&timerMux);
}

void Timer1_interrupt_setup(int usec)
{
timer1 = timerBegin(0, getApbFrequency()/1000000, true);
timerAttachInterrupt(timer1, &onTimer1, true);
timerAlarmWrite(timer1, usec, true);
timerAlarmEnable(timer1);
}

実行する際は、
Timer1_interrupt_setup(マイクロ秒) を記述して、その間隔で関数が実行されます。

ESP32では、HTTPの送信や受信で数秒程度、処理に時間がかかりますので、
その間にセンサーやスイッチの立ち上がりだけ見たい! ハードウェア特有の処理を済ませておきたい!という時に割り込みが使用できます。

ただ、何重にも割り込みは発生させることができませんし、割り込み後の処理で時間がかかる処理はご法度ですので、割り込みプログラムには留意が必要です。

それでは!

株式会社アバンドでは、IoTに関するネットワーク開発、ハードウエア開発を行っております。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

ImpにArduinoからデータ送りたい。超簡単サンプル。

Arduinoから生き死をアナログデータで送って、imp で受信する方法
ツイッターに送信するサンプル。
impExplorer Kitを使った場合です。

Arduinoのプログラムは送信アナログで3V程度以内の通信にして下さい。
——————————————————————
Device
——————————————————————


#require "WS2812.class.nut:3.0.0"
// スリ―プタイム
const sleepTime = 60;

//はじから3つ目のポート
pot <- hardware.pinK;

// アナログのポート宣言
pot.configure(ANALOG_IN);

// ledの点滅
led <- null

function flashLed() {
    led.set(0, [0,0,128]).draw();
    // Wait 50 ms
    imp.sleep(0.05);
    led.set(0, [0,0,0]).draw();

}

//サーバ側に送る

function poll() {
    // Read the pin and log its value
    server.log("poll read");
    local pot =pot.read()
    server.log(pot);
    agent.send("analog_reading.sent",pot);
    // 送ったらLED光る
    flashLed();
    //impのサーバ待ち時間を設定
    imp.onidle(function() {
        server.sleepfor(sleepTime);
    });

}

// Start of program
// Configure SPI bus and powergate pin for RGB LED
local spi = hardware.spiAHSR;
spi.configure(MSB_FIRST, 6000);
led <- WS2812(spi, 1);

poll();

——————————————————————
Agent
——————————————————————

// ツイッターにクラス
#require "Twitter.class.nut:1.2.1"

// ツイッターの送信
tweeter <- null;
// Define functions

function tweetback(data) {
// ツイッター送った表示
server.log("Tweet tweeted");
}
function motion(data) {
server.log(data);
if(data&amp;amp;gt;100){
local message = format("まだ生きてるぜ[アナログ: %5u]",data);
tweeter.tweet(message, tweetback);
server.log(message);
}
else{
local message = format("死んだぜ[アナログ: %5u]",data);
tweeter.tweet(message, tweetback);
server.log(message);
}

}

// Twitter の own access credentials
// apps.twitter.comでキーをゲットしてね。
tweeter = Twitter("Consumer Key (API Key)***********",
"Consumer Secret (API Secret)***********",
"Access Token***********",
"Access Token Secret***********");

// デバイスから受ける指定
device.on("analog_reading.sent", motion);

株式会社アバンドでは、IoTに関するネットワーク開発、ハードウエア開発を行っております。

まずは、お気軽にお問い合わせください。