「システム用語」カテゴリーアーカイブ

計装について

計装とは、主にプラントやビルなどで使用するパネルや筐体に取り付ける計測器です。

計装は、センサーとメーターの組み合わせで実現されますが、その間の伝送路は一般的な範囲で4mA~20mAと言った”電流値”で出力されることが多いです。
電流出力の場合、出力を行う装置は常に伝送路に出力する電流を一定に保つ様に制御を行なっています。
その為、例えば伝送路が長くなり、伝送路内の抵抗値が上がった際も、出力電流が設定値になる様に調整を行います。
これにより、伝送路を延長しても、”正確な電流値”をメータや制御装置へと伝送できる仕組みです。

電流値と計測値の変換は、例えば、K型熱電対の測定範囲が0~200℃の場合、4mAの時は0℃、20mAの時は200℃となります。
この様に、電流値によってメータの値を取得し表示を行なっています。

それでは。

DX白書2021|ディスラプターの脅威

IPAの発表した「DX白書2021」

2021年10月11日公開 独立行政法人情報処理推進機構 社会基盤センターより
https://www.ipa.go.jp/ikc/publish/dx_hakusho.html

DXの定義が曖昧ですが、IPAとしては
IPAとしては、「IoTから得られたデータを活用し、次に企業として進む方向を検討することができる仕組みを作って、その仕組みで常に変化し続ける(変革する)ことがDXです。」
(引用:「DXってIoTとどこが違うの?」https://www.ipa.go.jp/ikc/reports/mfg-dx-faq0104.html)
とのこと。

DX白書2021の内容で衝撃的なのは、IT、AIなどの日米を各項目で比較しているのですが、
凄いのはアメリカは30%以上が開発技術で「コンテナ/コンテナ運用自動化」を活用している。
日本は9%です。
AI導入はアメリカ44%、日本20%。
日本はDXが遅れていることをレポートでは強調している。

比較表で気になったのはこちらです。
「外部環境変化への機会としての認識」

(引用:DX白書2021)

日米誤差の範囲なのですが、1項目だけ10%以上の影響意識の差があります。
「ディスラプターの出現」の項目です。影響があると考えいるのはアメリカ68%、日本54%。
ディスラプター(disruptor)とは
創造的破壊者で、ここでいう意味は最新デジタル技術を使い旧サービスや市場を破壊的変えるサービスや企業になります。
「Airbnb」「Uber」「Netflix」などがあります。

日本では、卸売仕組みや規制や地域サービス格差がまだある為、意識が薄いと思いますが、
アメリカでは意識される項目になったことがわかります。
「Netflix」でいうと、日本のレンタルビデオは壊滅的影響がありました。

ロール

ロール
(役、役割、役目、役柄、任務)
ロールは一般的には、「管理者」「承認者」「登録者」「ユーザー」などがあります。
WEBのブログですと、「サイト管理者」「編集者」「投稿者(ライター)」「デザイナ」「コメント管理者」
などになります。
IoTでのファクトリ関連ですと、「運営管理者」「生産計画者」「素材管理者」「ライン管理者」「生産管理者」「生産者」などとなります。

役割、権限を設定することにより、機能制限や表示制限を行います。
役割と作業内容を出し、機能や表示の有り無しを表にするのが、システムの要件定義では必要になります。
役割が重複する使用者が発生する場合があるので、しっかり検討してください。