ESP32(Arduino)でタイマー割り込みを使う方法

ESP32(Arduino)でタイマー割り込みが使いたい!定時実行やセンサの状態取得等、一定時間が経過した際に実行させたい場合にタイマー割り込みを使いますが、
そんなタイマー割り込みをArduinoで使う方法をまとめました。

こんにちは、北神です。
ESP32(Arduino)でタイマーが使いたかったので試してみました。
以下のソースを貼り付けるだけで、タイマー割り込みが使用できます。

//===========================================================//
// Timer Interrupt
//===========================================================//
hw_timer_t *timer1 = NULL;
portMUX_TYPE timerMux = portMUX_INITIALIZER_UNLOCKED;

void IRAM_ATTR onTimer1()
{
portENTER_CRITICAL_ISR(&timerMux);
// 実行させたい関数をここに記載
example();
portEXIT_CRITICAL_ISR(&timerMux);
}

void Timer1_interrupt_setup(int usec)
{
timer1 = timerBegin(0, getApbFrequency()/1000000, true);
timerAttachInterrupt(timer1, &onTimer1, true);
timerAlarmWrite(timer1, usec, true);
timerAlarmEnable(timer1);
}

実行する際は、
Timer1_interrupt_setup(マイクロ秒) を記述して、その間隔で関数が実行されます。

ESP32では、HTTPの送信や受信で数秒程度、処理に時間がかかりますので、
その間にセンサーやスイッチの立ち上がりだけ見たい! ハードウェア特有の処理を済ませておきたい!という時に割り込みが使用できます。

ただ、何重にも割り込みは発生させることができませんし、割り込み後の処理で時間がかかる処理はご法度ですので、割り込みプログラムには留意が必要です。

それでは!

株式会社アバンドでは、IoTに関するネットワーク開発、ハードウエア開発を行っております。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA