カテゴリー別アーカイブ: IoT

GPSを使って山手線一周を試してみた

こんにちは、北神です。

今回は「GPS/GLONASS受信機u‐blox M8搭載」を使ってGPSの性能がどの程度かの確認を行いました。

確認を行なった方法は、ノートPCにu‐blox M8を接続しGPSのデータを記録し続けます。簡易的なロガーのような機能です。

この状態で、山手線を一周し、どの程度線路に沿ったデータが取れるかの確認を行いました。

結果はこちら。

GPSで受信したNMEAと呼ばれるメッセージを解析し、緯度と経度をGoogleMapsに反映を行いました。

ドットが細かすぎて潰れた図になっていますが、地図を拡大するとこのように綺麗に線路に沿ったデータが取得できます。

また、GoogleMapsには地図を航空写真に変える機能があり、

こういった地図を見た際に「あれ、山手線ってどこ走っていたっけ?」といった疑問を

こう、実際に乗って見て確認することができました。

 

今回試したかったGPSの性能としては、そこそこ実用レベルであり、他の分野でも利用することが可能かと思われます。ただ、何箇所かGPSの情報が取得できなかった箇所もあり、アンテナの設置位置や補正方法等の検討は必要そうです。

今回はノートPCをロガーの代わりに試して見ましたが、RaspberryPiやその他の機器に接続して持ち運びが出来た際は、もっと色々な使い方が出てくるんじゃないかと思った次第です。

では。

Electric Imp でI2C

Electric Imp でI2Cを動かす方法

下記は参考に書いたサンプルソースで実際に動く保証をするものではありません
——————————————————————
[Device]
——————————————————————

//6軸加速度センサMPU-6050の値を想定しています。
i2c <- hardware.i2cQP;

//最初に、I2Cを使うことを宣言します。
//i2cQPは、使用するI2Cのポート番号です。
//imp004m impExplorer Kitで使用できるI2Cは i2cQPの
//みなので問題ありませんが、
//モジュールや基板によってはポート番号が変わる場合
//がありますのでご注意が必要で

i2c.configure(CLOCK_SPEED_400_KHZ);
//I2Cのクロックを設定します。I2Cのクロックはセンサーの
//仕様に合わせて設定しますが、基本は400KHzで動作します。

local address = (0x68<<1);
//I2Cでアクセスするセンサーのアドレスを指定します。
//今回使用するセンサーはMPU-6050です。MPU-6050のアドレス
//は b1101000 であり、
//16進数で記述すると0x68になります。 ここではI2Cのアドレス
//を8ビットで表記するので、1ビット分左にずらして指定します。
//readとwriteを使ってデータのやりとりを行います。

i2c.write(address,"\x6B\x00");
//MPU-6050のデーターシートより、0x6Bに0x00を書き込むことで
//Resetが解除され使用開始することができます。
//I2Cでのデータのやりとりは文字列で行います。16進数のデータ
//を\x00と表記して記述します。癖がありますが、慣れると書き
//易いです。
//続いて、readですが、

local result = i2c.read(address,"\x3b", 14);
//と記述します。"/x3b"は、読み出したいレジスタのアドレスで、
//その次の14で読み出すデータサイズを指定します。
//これにより、3軸の加速度データとジャイロデータを読み出す
//ことができます。
//その後、センサーより受け取ったデータを Agent Codeに転送します。
agent.send("reading.sent", result);

——————————————————————
[Agent]
——————————————————————

device.on("reading.sent",stream);
//で受け取り、指定したstream関数を読み出します。

function stream(data) {
server.log(data);
}

//これにより、センサーを受け取ったデータを確認することができます。

文・ソース:北神 

ImpにArduinoからデータ送りたい。超簡単サンプル。

Arduinoから生き死をアナログデータで送って、imp で受信する方法
ツイッターに送信するサンプル。
impExplorer Kitを使った場合です。

Arduinoのプログラムは送信アナログで3V程度以内の通信にして下さい。
——————————————————————
Device]Device]Device]Device]Device]Device]
——————————————————————


#require "WS2812.class.nut:3.0.0"
// スリ―プタイム
const sleepTime = 60;

//はじから3つ目のポート
pot <- hardware.pinK;

// アナログのポート宣言
pot.configure(ANALOG_IN);

// ledの点滅
led <- null

function flashLed() {
    led.set(0, [0,0,128]).draw();
    // Wait 50 ms
    imp.sleep(0.05);
    led.set(0, [0,0,0]).draw();

}

//サーバ側に送る

function poll() {
    // Read the pin and log its value
    server.log("poll read");
    local pot =pot.read() 
    server.log(pot);
    agent.send("analog_reading.sent",pot);
    // 送ったらLED光る
    flashLed();
    //impのサーバ待ち時間を設定
    imp.onidle(function() {
        server.sleepfor(sleepTime);
    });

}

// Start of program
// Configure SPI bus and powergate pin for RGB LED
local spi = hardware.spiAHSR;
spi.configure(MSB_FIRST, 6000);
led <- WS2812(spi, 1);

poll();

——————————————————————
[Agent][Agent][Agent][Agent][Agent][Agent]
——————————————————————

// ツイッターにクラス
#require "Twitter.class.nut:1.2.1"

// ツイッターの送信
tweeter <- null;
// Define functions

function tweetback(data) {
// ツイッター送った表示
server.log("Tweet tweeted");
}
function motion(data) {
server.log(data);
if(data>100){
local message = format("まだ生きてるぜ[アナログ: %5u]",data);
tweeter.tweet(message, tweetback);
server.log(message);
}
else{
local message = format("死んだぜ[アナログ: %5u]",data);
tweeter.tweet(message, tweetback);
server.log(message);
}

}

// Twitter の own access credentials
// apps.twitter.comでキーをゲットしてね。
tweeter = Twitter("Consumer Key (API Key)***********",
"Consumer Secret (API Secret)***********",
"Access Token***********",
"Access Token Secret***********");

// デバイスから受ける指定
device.on("analog_reading.sent", motion);

第1回高尾山IoT 月刊I/Oとの共同企画

7月某日 月刊I/Oとの共同企画が突然実施された!そう、高尾山IoTです。
月刊I/OのFさんとアバンド代表青木が高尾山に登り、頂上でなんか開発して、下山しながら稼働されるというイベント。

ひとまず登る。

登山中、なぜか、蝶に好かれる。ずーーーーと手に腰に蝶がへばりつく。
チューチュー吸われるw

さくっと山頂と行きたかったが、やはり最後の階段がキツイ。それ以外は楽勝なのでけど。
ひとまず、お決まりの写真

涼しいところを探し、開発開始!灼熱で死ぬ~とか、水曜どうでしょ?的展開を期待したが、心地いい涼しさ。
周囲から変な視線を感じつつ・・・

今回は、ソフトバンク提供の米Electric Impの開発キット!
説明ページコピペw
———————————————————-
「impExplorer Developer Kit」は、「imp004m Breakout Board」の持つ機能に加えて、温度、湿度、気圧、3軸加速度の4つのセンサーを搭載した開発ボードです。本製品は、「imp004m Breakout Board」とは異なり、単3電池3本で稼動し、センサーの設計や組み込み作業を行わずにプログラミングを始めることが可能です。
———————————————————-

さて、さて、まず、あれ、IoTだから、通信から、あれ、WiMAXが入らん!うわーーーーー!
ということで、Fさんのキャリアを借りて、開発・・・・

そして問題発生!
impExplorer Developer Kitのネットワーク設定は、スマフォで設定して、それをimpExplorer Developer Kitにスマフォの画面をかざすと
スマフォの画面点滅により、impExplorer Developer Kitにネットワーク設定ができるという、超親切設計なのですが、
何度やっても、ネットワーク設定ができない。

これでこの企画終わったか?・・・・・・あああ・あああ・・・・
もしっや、明るい?外でやっていて、お日様の光りが明るい?
ということで、手で影を作り、再度挑戦、あ、あ、あ、設定できた。

あとは開発のサンプルを見ながら開発!プラウザー上で開発出来ると結構簡単。

ハマるところサンプルコピペでは動きません
各端末でソースコード内の「hardware.***」を合わせないと動きません。
下記がその一覧に一部です。
https://electricimp.com/docs/api/hardware/spi/
https://electricimp.com/docs/api/hardware/i2c/

温度、湿度、気圧のセンサーで暑いときは「暑い」というメッセージと温度湿度、そして気圧から計算した大まかな高度をツイッターで表示。
https://twitter.com/takaosaniot

impExplorer Developer Kitに電池を入れて、特製wの箱に入れて、IoTデバイス完成!

そして、下山。
谷間等では通信できませんでしたが、温泉までしっかりデータが取れた。


そして、温泉入って、そば食べて終了!

月刊I/Oもあわせて読むとオモロイよ!