ファイルの同期 rsync(+ssh)  注意:Bad configuration option: AuthorizedKeysFile

rsync(+ssh)でバックアップをする。
CentOS

tekitouser1@local1からtekitouser2@remoto2に/var/www/htmlをrsync(+ssh)で取りに行く。

★送信先のサーバ作業(ホスト名:remoto1):
■sshの設定ファイル作成
# vi /etc/ssh/ssh_config に下記を追加。

RSAAuthentication yes
PubkeyAuthentication yes

#注意 AuthorizedKeysFileの指定をすると書いてあるページがあるが、
#/etc/ssh/ssh_config: line 46: Bad configuration option: AuthorizedKeysFile
#のエラーになります。
#man ssh で見る限り、この指定(option)はない。ファイルは ~/.ssh/authorized_keysに書く。

■ssh再起動
/etc/init.d/ssh restart

★送信元のサーバ作業(ホスト名:local1)
■rsa ファイルを作る
# su -l tekitouser1
$ ssh-keygen -t rsa
問い合わせにはすべてenter

■公開ファイルを送信先にコピー
$ scp /home/tekitouser1/.ssh/in_rsa.pu tekitou2@remoto1:/home/tekitouser2/.ssh/

★送信先のサーバ作業(ホスト名:remoto1):
■公開キーファイルをssh指定のファイルに変更
#su -l tekitouser2 
$ cd .ssh
$ cp id_rsa.pub authorized_keys

★送信元のサーバ作業(ホスト名:local1)
■実際のテスト
# su -l tekitouser
$ ssh tekitouser2@remoto1
で自動ログインできるか確認。
出来たら,logoutして、送信元に戻ってください。

■実際に送る。
# su -l tekitouser
$ rsync -avz -e ssh tekitouser2@remoto:/var/www/html/ /var/www/html/
実際に取りに行けかを確認してください。
元ファイルが削除されたら、削除するオプションは–deleteですが、あまりおススメしません。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA