「共有オブジェクトファイルを開けません」と出たら。

linuxのコンパイル時や実行時で「共有オブジェクトファイルを開けません」または「cannot open shared object file」と
出て止まったら・・・
まず、makeのパラメータを疑うのですが、しかし、そのままメッセージを信用してみましょう。
そうです。共有オブジェクト→共有ライブラリの設定です。
#vi /etc/ld.so.conf.d/lib.conf←ここのファイル名は適当でよいので新規に用意します。
/usr/local/lib の一行を書き込む。使用したいライブラリーパスです。
それでファイルを閉じる。
共有ライブラリをシステムに認識させるためのコマンドを実行。
#ldconfig
ライブラリが登録されたか、表示オプションで確認。
#ldconfig -pで確認です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA